nokiro店長ブログ

nokiroイベント情報、おすすめ、ひとりごとetc.
福山のバラ


今日と明日は福山ばら祭です!

戦争で被害のあった市内に復興の願いを込めて植えられたバラたち。
市役所や公園、福山のいろいろなところでバラを見かけます。

今日、明日はいろいろなところでイベントが開催されています。




戦争の影響があまりなく古い家が残っている鞆の浦にもバラが。
鞆郵便局近くのバス停のバラたちも、きれいに咲いてました。



そしてその前にはなぜかこの石碑。。
なにか鞆と所縁があるのでしょうか。
| 福山のこと | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
福山の夜

 

先日、吉山タンス店さんで行われたジャズイベントに行ってきました!
近くなのになかなか行く機会のなかったお店ですが、
よくしていただいている方がコンフィチュールを置かれることに
なったということでご一緒に。

イチゴがまるごととミントが入っていて、甘すぎず爽やかなコンフィチュール!
やはりあまりたくさん作れないそうで、もうすでにないかもしれませんが・・
おすすめです!



ライブは20代、30代、40代、50代とそれぞれの世代の方が
集まったバンドで、とってもステキでした!
お店も昔からずっと家具やさんをされているようで古いいい建物でした。
改装されたところだそうですが、いろいろイベントもされるようです。




イベントはワンプレート、ワンドリンクだったけど・・・
やっぱり二軒目!!

ヨッサンラーメンという福山では有名だというラーメン屋さんへ。

おぉ〜いい感じです。のれんも、お店も。

とうがらしたっぷりのもつ鍋にラーメンを入れる感じ。
みんなこれ食べてました。ていうかこれだけみたい。
見た目ほど辛くなくてさらっと食べれました!

服がたばこくさくなるのが難点だけど、
まただれか福山に来たら一緒に行きたいなーと思うお店。

| 福山のこと | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お茶会のお手伝い



おととい、鞆の浦の桝屋にて鞆の小中学校の卒業生のお茶会が
あったのでお手伝いに行ってきました。

午前中は小学6年生、午後は中学3年生のお子さんたちが
表千家の先生にお茶を入れてもらって、小田弘月堂さんの“咲分”という
かわいいお菓子といただきながら、鞆の浦の歴史や
龍馬のいろは丸事件のことなどを教えてもらっていました。

毎年鞆では卒業生を対象にこのお茶会を催すようです。

この貴重な体験を彼らはずっと覚えているんだろうか。
きっとこれからどこかに巣立つんだろうけど、
また大人になったら鞆に戻ってきてほしいな。


※福山城すぐの福寿会館では小田弘月堂さんも参加されて
『春・福山 創作和菓子展』が開催されます。
福寿会館もすばらしい建物ですのでぜひこの機会に。



| 福山のこと | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
福山・スペイン食堂にて
DVC00341.jpg
いちど来てみたかったお店。

いい!

ご近所なのでまた来たいです!!
| 福山のこと | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
またまた鞆の浦。



お世話になっているガラス作家さんの今川さんが、ご家族で京都から
福山に遊びに来てくれました!

おすすめのお宿を・・ということでまたまた鞆の浦の仙酔島の国民宿舎をご紹介。
小さいお子ちゃまもいるので、船に(ちょっとだけど)乗るのもたのしいかなと。


待ち合わせは、お気に入りのパン屋さん、グラマーペイン。
というのも、今川さんはBoulangerie inとしてパン屋さんとしても活動中なのです。
上賀茂手作り市などにも出店されていて、うちも京都のときはよく持って来て
もらっていました。
(※23日の上賀茂手作り市にも出店されるようです。)


ランチは鞆の浦に移動して、なかなか伺えていなかった a cafeさんへ!
お店の写真を撮るのを忘れていましたが・・鞆の浦の常夜灯(灯台)のすぐ
近くで、古いお家をそのまま使っているとても雰囲気のあるお店です。

魚介のパスタがとってもおいしかったです!


鞆の浦 a cafe
広島県福山市鞆町鞆844-3
TEL 084-982-0131
OPEN 11:00〜20:00(ランチは2時まで)
定休日 水曜日


鞆の町をぶらぶらしつつ
仙酔島に渡る船着き場まで見送ってきました。
(そういえば見送るのは初めてかも。)





| 福山のこと | 12:34 | - | trackbacks(0) | pookmark |
福山・蕎麦と河内鴨料理の店 Sarrasin(さらざん)

昨日は、ご一緒する方のおすすめのおそばと鴨料理のお店に行ってきました。
先日もブログに載せた福山の図書館の公園のそばです。

ちょうど図書館の公園で、手しごと自慢市というのがあったので、
待ち合わせの時間前にぶらぶらしていたら・・
なんとアイネスフクヤマの展示に何度も足を運んでくださった常連のお客様に遭遇!

びっくりしました〜
お声掛けいただきありがとうございました!


図書館や駅周辺をぶらぶらして・・お腹もすいたところでお食事!

タイ料理屋さんの向かって右どなりのモダンなお店です。
高そうな和食屋さん??というイメージだったのですが、
入ってみるとお店の方も感じがよく、
鴨を使ったいろいろなお料理がいろいろで、
とても美味しかったです。
お酒もグラスワインがいくつか選べたり。

他の方のブログにもありますが、量は少なめなので、
夜はお酒といっしょに・・という感じですが、
ランチは1,050円〜と良心的なお値段です。

食べるのとおしゃべりとお仕事と・・で
写真を撮るのをすっかり忘れていて、、
最後に撮った写真もあまり美味しそうに撮れていなかったので、
また次回に・・


蕎麦と河内鴨料理の店 Sarrasin(さらざん)
福山市明治町2-32 (084)983-1310
営業:11:30-14:00、17:30-22:00(L.O) 月曜定休

 
| 福山のこと | 17:02 | - | trackbacks(0) | pookmark |
福山で美味しい焼き鳥!
昨日は福山にて食事会。
皆さん忙しい方たちでやっと実現!
福山で夜でかけるなんてなかなかないので楽しみにしてました!

場所は、先日のWinkにも載っていた『炭火焼かんべ』さん。
初めて春日池の方に行きましたが、そこからぐいぐい坂道をのぼっていくと・・
ありました!まず駐車場。最高の眺め!
そしてお店に入るとまた絶好の夜景。
これはまーカップルはたまりませんなー。



移転されたというお店の雰囲気もステキですし、
つくねをはじめとして焼き鳥も一品も、そしてオリジナル日本酒もおいしかったです!

だれか福山に遊びに来たら連れて行きたいお店です。



そしてこちらも炭火焙煎のピトンさんの本店に、
かんべさんの前、ちょっと時間があったので寄ってきました。

ここで全店の珈琲を焙煎しているそうです。
まさに炭火で。

そろそろ暖かいコーヒーが飲みたい季節になってきましたねー。
ピトンさんはワッフルもおすすめです。



| 福山のこと | 16:33 | - | trackbacks(0) | pookmark |
福山近辺【阿伏兎観音】


鞆の浦の町を抜けてトンネルをくぐると・・
【阿伏兎観音】があります。
正式には国の重要文化財に指定されている磐台寺観音堂。

海に面した崖の上に建てられた朱塗りのお堂。
階段を登っていくと小さなお堂に十一面観音が祀られています。
その壁にはびっしりとおっぱい!!
ここは海難除け・安産・子育てのご利益があるそうなのです。

登って眼下の海を眺めるもよし、一度降りてから下から見る絵も
すばらしいです!

鞆ついでにこの阿伏兎観音に行って、福山に戻り、

三原のご実家に里帰り出産で帰ってきている奥様と
生まれたばかりの愛娘に会いに来てたイルピアットのミズタニさんと
ベビザラスで合流。

京都でご近所だったおいしいイタリアンのオーナーさんですが
福山の、しかもベビザラスで!
なんだか笑えました。

そのあとピトンさんでお茶しながらおしゃべり。
お宮参りのあとできっと疲れてたでしょうに・・
わざわざありがとう!









| 福山のこと | 14:15 | - | trackbacks(0) | pookmark |
福山の話【鞆の浦】
 
福山でだれかを『福山っぽい』ところに連れていくとしたら・・
やっぱり【鞆の浦】かなー。

福山駅からだと車で30分弱ぐらいでしょうか。

今は静かな港町ですが、
瀬戸内に入り込む、大阪側からの潮と九州側からの潮が
出会い別れる場所に鞆の浦があったため、
そこで潮の流れが変るのを待つことを「潮待ち」といい、
このことが二千年に渡って鞆の浦を繁栄させたそうです。

西日本の海上交通の要所であった鞆の浦は、平安時代から
戦国時代にかけては軍事的にも重要な場所として、

江戸時代には交易都市としてさまざまな文化が発展し、
秀吉から賜った能舞台では当時の一流役者が流派を問わず集められていたそうです。

坂本龍馬の【いろは丸】が紀州船と接触し沈没したのも鞆の浦です!

そんな鞆の浦も明治に入り、船から鉄道などへ運送手段が
変わっていくに従って、徐々に姿を変えていくようです。

それでも古くからの慣習やお祭りはまだまだ健在で、
鞆の浦歴史民俗資料館】ではそのあたりをいろいろと勉強できました。

(こちらはちょっと高台にあるので行くのは大変ですが、
見晴らしは最高です!入館料は150円と良心的なのでちょっと休憩に
いいかもしれません。)

昨日は【八朔の馬出し】という行事を見に行ってきました。

“八朔は旧暦の八月朔日(一日)を略して呼ばれ、この日には物品を贈答して
その日を祝う行事や農家では米の豊作を祝う行事、また、子どもの成長を
祝う行事な ど地域によって様々な行事が行われます。
中でも鞆の浦に伝わる「八朔の馬出し」は全国的にみても極めて珍しく、
子どもの誕生を祝って白い馬の模型をつく り、車輪のついた台に乗せ町中を
引きまわす行事です。”

たぶん子供の数も減ってきてはいるのでしょうが、小さいお子さんが
小さい白馬をごろごろ引いているのも微笑ましい風景でした。

古い商家や町家、お蔵がたくさん残っていて、映画にも登場したりする
雰囲気のある町ですが、そこまで観光地化されておらず
そんなに観光の人も多くないのですが、

ネコが散歩していたり(カニも散歩してました!)
とれた魚や干物を売ってるおばちゃんがいたり
細い路地を入ってみたり・・
普通の街を歩いてる感じもなかなかいいものです。





























| 福山のこと | 12:14 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ものづくりの町、府中へ。
 
オーダーをいただいていた和服チェストができあがったので
確認しに府中へ。今回は形はいっしょで引き出しをすべて
ウォールナットで作ってもらいましたが、
オリジナルのタイプよりもよりシックな雰囲気になり
ステキでした!

府中は婚礼箪笥の産地として有名ですが、今はマンションなどに
住まわれる方が多いので、あまり婚礼箪笥の需要がなくなって
きているようです。

でも!技術はあるので、国産の、しっかりした、長く使える
使い捨てでない家具をお探しの方はぜひお問合せください。





近くには【スピングルカンパニー】も。






以前テレビで特集されていたのを見て知ったのですが、
『バルカナイズ製法』という靴底のゴム部分を窯の熱で溶かし
靴本体に接着させる技術を用い作られたスニーカーは
履き心地がよく、いまどきめずらしい日本の職人さんたちの
手によって作られた国産スニーカーです。
(国内外のさまざまな有名ブランドの靴を手がけています。)


【全行程に職人の手がかけられている窯焼きスニーカーが特徴。
1800年代前半からある伝統的な製法で国内でもごくわずかにしか生産していない。
親会社は創業70年以上の老舗ゴムメーカー。安い中国製品におされ、
工場を無くしてしまえという流れになったが、
工場に財産があると確信し窯焼きのスニーカーを作ることを決意し、
スピングルカンパニーをスタートさせた。】

とのこと。すばらしい!!
シャチョーは通販で買ったスニーカーをすでに愛用。
ネットのコメントを見ても履き心地はとてもいいようです。
私も一足!と思ったけれど、見てみたかったタイプがなく、決めきれず断念。

でも見ておけばネットでも買えるし!

と、気になるスピングルなのですが・・
地元府中の人たちにはまだまだ知られていなくて、
以前の学校用シューズなどを作っているところというイメージしかないよう。。

それにせっかく制作している場所に実際に手に取れるショールームが
あるのだから、ぜひとも全ラインナップを置いてほしい。(見本でもいいので)
というのもとなりの福山にもスピングルの靴を売っているところが
ないのです。。

以前期間限定で売っていたらしい福山駅前の百貨店で聞いてみたけど
だれも名前すら知らない状態。。。

地元の人にもぜひ良さを知ってほしい。そして知らせてほしいと思います。


| 福山のこと | 11:58 | - | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
nokiro-art-net FBページ
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE